最高の睡眠は筋トレ効果が絶大である

あなたは毎日どれくらい睡眠時間を確保できていますか?

ついつい睡眠は後回しにされがちですが、睡眠と筋トレって意外と重視されませんが、実は親戚なんです。

トレーニングをせっかく頑張ったのに、しっかりと睡眠がとれていない。

これはマッチョになるためには効率が悪いです。

筋トレの効果を最大限に生かすには「最高の睡眠」が必要不可欠です。

最高の睡眠ってなんですか?と思いますよね。

今まで「22時〜2時」は睡眠のゴールデンタイムと言われていました。

確かにこの時間に眠りにつける人は、それに越したことはないでしょう。

それでも22時頃に眠れない人も少なくないと思います。

しかし、最高の睡眠にはあまりこの時間は関係ありません。

「最高の睡眠とは」

・睡眠時間は「7時間」がベスト

・朝起きたら太陽を浴びる

・朝起きたら水で手を洗う(足も裸足で冷やすと眠気が覚めるでしょう)

・良質な寝具を揃える(マットレスやベット)

・「夕方時間」に筋トレや軽い運動をする

「寝る90分前」に入浴する(足湯でも可)

・寝る前3時間は食べないようにする

・アロマの香りを炊くのもオススメ

これらを行うと最高の睡眠を実現できるのです。

どれも難しいことではないので今日から実践してみましょう。

最高の睡眠とは、一度や二度実践を試したくらいで効果が出るものではありません。

続けることで効果につながるので、これらを習慣づけてしまうことがいいでしょう!

筋肉は寝ている間に成長すると言われています。

最高の睡眠は筋トレ以外にも、仕事や勉強にも非常に効果的です。

いろんな面で最高のパフォーマンスを発揮できるようになります。

また、お昼頃に「10分程度の仮眠」をとり入れるのも効果的です。

ベットやソファではなく机の上に伏せるような仮眠の方が、深い眠りにつかず、仮眠程度には最適でしょう。

昼間の時間帯(14時くらいまで)の10分間仮眠をとりいれることで、そのあとの集中力も高まり、夜の睡眠にも影響がないのでオススメです!

<寝る前にNGなこと>

・スマホやパソコンなどで目を刺激すること

・運動

・カフェイン摂取(寝る4時間前まで)

・食事

・お酒

これらは睡眠に影響をもたらすので、できる限り避けましょう。

<眠りにつけないとき>

・ベットから起きて軽く読書をする

・クラシック音楽を聴く

・アロマを焚く

どうしても眠れないときはぜひ試してみてください!

筋トレの成果を少しでも取りこぼしたくない人は、今日から「最高の睡眠」を心がけましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。