マッチョになる筋トレメニュー(胸筋)ジム編

こんばんわマチョです。

今回は胸のを鍛えるメニューについて

話しましょう。

胸板が厚い男の方が女性から見たら

男らしさがわかるんじゃないでしょうか。

胸板が薄っぺらいのは恥ずかしいですよね。

そろそろ夏がやってきて

海やプールに行く人も多いと思います。

鍛えましょう。鍛えなきゃいけないんです。

男に生まれてきたからには。

マッチョになると自身がつき、

男らしさも増し、

顔つきも変わります。

メリットしかないのに鍛えない意味がありませんよね。

「胸筋」の画像検索結果

<胸筋マッチョメニュー>

・ベンチプレス
・ダンベルベンチプレス
・ダンベルフライ
・インクラインダンベルフライ
・インクラインベンチプレス
・チェストプレスマシン

これらが私も取り入れているメニューです。

よく10回と回数を決めてやる人もいますが、

私は限界までやります。

それを3セット。

セットごとに限界までやるやり方も

個人的にはオススメです。

初めのうちはどれくらいの重さで

10回できるのか力試しをし、

自分の力を把握しとくべきでしょう。

「胸筋」の画像検索結果

<正しいフォーム・やり方>

正しいやり方(ベンチプレス)

正しいやり方(ダンベルベンチプレス)

正しいやり方(ダンベルフライ)

正しいやり方(インクラインダンベルフライ)

正しいやり方(インクラインベンチプレス)

正しいやり方(チェストプレスマシン)

やり方やフォームはしっかり学んでください

筋肉は効かせる部分を意識して

トレーニングしないとつきずらいです。

フォームが間違っていると

違う部分に効いてしまっていたり、

怪我にもつながります。

動画をしっかり見て実践しましょう。

初めの方の重さは

軽めでフォームを意識しましょう。

徐々に慣れてきたら、

重さにチャレンジしていきましょう。

個人的には胸が一番効果が出るのが早いかもしれません

「筋トレタイマー」の画像検索結果

インターバルを利用すると、

効果が出るの早いかもしれません。

ストップウォッチなど利用して

セットごとの休憩を1分と決めて

繰り返すと、時間にも効率よく、

鍛えた感が半端ないですが、キついです。

ここで注意して欲しいのが

セットごとの休憩を空けすぎることです。

集中力もかけてしまいますし、

筋トレ効果も下がってしまい、

効率が悪いので、セットごとの休憩は

程よく摂りましょう。

またこれから夏で気温も上がり、

室内も暑くなるので

水分補給はしっかりと取りましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。