筋トレメニュー(下半身)ジム編

こんにちわマチョんたです。

トレーニングはやっぱり下半身がキツイですよね。

「下半身はあまり露出しない」

スポンサーリンク

「周りは上半身しか見ない」

そんな理由で下半身を鍛えていないのではないだろうか。

初心者にありがちなのは

こうした上半身しか鍛えないことです。

しかし、

一番鍛えるべき箇所は

「下半身」なんです!

<なぜ下半身を鍛えるべきなのか?>

・ダイエット効果
・疲れにくくなる
・バランス感覚が良くなる
・人間の土台は下半身である

腹筋するとお腹が割れるというイメージを持っていると思います。

しかしスクワットは腹筋の何倍ものスピードでお腹を割ることができるのです。

スクワットは脂肪燃焼効果が高く、

ダイエットには最適なメニューと言えるでしょう。

<ハムストリングスを鍛えるメリット>

走力が上がる

足の速さで悩んでる人はハムストリングスを鍛えましょう。

お尻が大きくなる

他の筋トレが少し楽になる

デットリフトなど

<下半身筋トレメニュー> (意識して効かせる筋肉)

・バーベルスクワット

(下半身全般の筋肉)

初めはバーベルを利用しないノーマルスクワットからでも良いです。

あまり初めから無理をしてしまうと怪我につながってしまいます。

「バーベルスクワット」の画像検索結果

スポンサーリンク

[正しいフォームとやり方]

・レッグエクステンションマシン

(大腿四頭筋)

「レッグエクステンション」の画像検索結果

[正しいフォームとやり方]

・レッグプレスマシン

(大臀筋と大腿四頭筋やハムストリングスなど)

「レッグプレス」の画像検索結果

[正しいフォームとやり方]

・アブダクションマシン

(中殿筋と小殿筋)

「アブダクションマシン」の画像検索結果

[正しいフォームとやり方]

・レッグカール

(大腿四頭筋)

「レッグカール」の画像検索結果

[正しいフォームとやり方]

下半身をジムで鍛えるならこれらのメニューがオススメです。

足の筋肉は負荷を強めにかけるくらいが

筋力アップにつながります。

下半身を鍛えれば

今までよりも自分が身軽になるので、

他の筋トレをしても疲れ知れずになります。

疲れないということは

筋トレをたくさんできるようになる=筋力アップになります

あまり筋トレ時間がない人は

下半身からしっかり鍛えていくプランも効果的でしょう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。