ワイルドこんがりマッチョ?になろう

こんにちわマチョんたです。

あなたのマッチョのイメージってどんなですか?

私のイメージではこんがりと肌が焼けてるマッチョが多いイメージです。

スポンサーリンク

特に夏は海に行く機会も増え、

マッチョを見る機会が増えると思います。

こんがりとしたマッチョが多いはずです。

「日焼け」の画像検索結果

天然日サロ?なのかサロンに通っているのか。

私が調査したところ、

多くのマッチョたちは日焼けサロンに足を運んでいます。

日焼けで黒くすることを「タンニング」と言います。

<日焼けサロンのメリット>

・綺麗な焼けボディが出来上がる

・筋肉の見た目がよく見える

・天然日サロより体に害がない


<日焼けサロンのデメリット>

・費用がかかる

・店まで通わなければならない

・通わなくなると肌色が戻る





費用がかからないから天然日サロしようと考える方も多いと思いますが、

体への負担が少々大きいです。

「日焼け」の画像検索結果

<日焼けのメリット>

・近場でできる

・好きな時間にできる

・セロトニンが分泌される


<日焼けのデメリット>

・皮膚ガンのリスクが高まる

・シミなどができる又は増える可能性が高くなる

・ムラができる


私は費用を惜しまずに日焼けサロンに通うことをオススメします。

日焼けは皮膚ガンになるリスクが高まり、

これはすぐに症状が現れるものではありません。

「太陽」の画像検索結果

時間が経つと明らかになるものなので、

今は大丈夫だと思っていても後から気づくものであり、

このようなリスクをとるのであれば、

費用がかかっても安全な日サロに通うべきだと私は考えます。

何よりも健康であることが最優先です。

そして何よりも綺麗なボディを作り上げることができるのが

「日焼けサロン」です。

焼け具合にムラが出来てしまっては格好悪くなってしまいます。

こんがりとした体はやはりワイルドですよね。

どうしても時間がなく、通うことが面倒くさいという方は、

「セルフタンニング」もオススメです。




スポンサーリンク

<セルフタンニングとは?>

日焼けをせずにこんがりとした肌を作るものです。

店に通うこともなく、自宅でできるものです。


紫外線に当たらないで日焼けのようなこんがりボディを作れるので、

健康に心配な人にもオススメです。

しかしデメリットもあります。

セルフタンニングのデメリットは、

匂いが気になったりムラになることがあるという点です。


塗るだけで、こんがりとした小麦色のお肌になるセルフタンニングローションです。

肌にすばやくなじみ、時間の経過とともに、肌を褐色に変化させます。


どの方法にもメリットやデメリットがあるので、

自分にあった方法でこんがり肌を作ることをオススメします。

こんがりボディを手に入れて夏を楽しみましょう!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。