ストレッチの効率を格段に上げる方法

こんにちわマチョんたです。

あなたが普段行ってる「ストレッチの効率を上げる方法」があります。

それは「食事」です。

スポンサーリンク

食事の取り方や食事のルールを守ることで、ストレッチの効果は格段にUPするので、

これから紹介するものをぜひ活用してみてください。

普段のストレッチで身体が柔軟になり、血流が良くなっても、

食事に気を使っていなければその効果は激減してしまう。

ストレッチは運動らしい運動ではないので、食事をたくさん取るよりも、

内容にこだわっていくことが1つのポイントです。

「食事 野菜」の画像検索結果

カラダに必要な栄養をしっかりバランスよく摂取していくことから始めましょう。


・十分な水分

・血流促進

・疲労回復

・かろやかな筋肉作り


これらに必要な栄養素は必ず摂取してほしい。

<食事のルール(ストレッチ編)>


・ストレッチの前・中・後に水分を補給

筋肉は水分が不足すると硬くなってしまい、ケガの原因となってしまう。

ストレッチをしていてもあまり効果を感じられない人は、水分不足の可能生があります。

汗と一緒に体内のミネラルも失われてしまうので、カルシウムやマグネシウムなどを含む、

硬水のミネラルウォーターを飲むと良いでしょう。



・食後は時間を空けてからストレッチ

食事を食べた後の状態では、消化活動のため内臓に血液が集中して、ストレッチの効率が悪い。

スポンサーリンク

逆に内臓への血流が減少することで、消化不良で腹痛の原因にもなる。

運動前のストレッチは当たり前だが、静的ストレッチも食事後は1〜2時間は空ける必要がある。


・ストレッチ前は冷やさない

ストレッチでカラダを温めて、筋肉を柔らかくしても冷たいものを摂取してしまうと血管が収縮し、むくみなどの原因になる。

夏は冷たいものを摂取しがちで、カラダが冷えていることが多い。

アイスクリームは血糖値のバランスを崩しやすいので、なるべく取らないようにしたい。


・食事量に注意

ストレッチは消費量が少ないため、食事を大量に摂取することは控えたい

食べ過ぎてしまうと、エネルギー過多で体脂肪が増えてしまう。

これを続けると血液がドロドロになり、流れが悪くなり効率が悪くなる。

食事を摂取する時は、野菜から食べ始めることをオススメする


「ストレッチ 外人」の画像検索結果

<ストレッチを行う効果的なタイミング>

ストレッチはタイミングによっては効果を最大限に出すことができます。

お風呂上がりやカラダが温まっている時です。

カラダが温かいと筋肉の温度も上がっていて、筋肉がほぐれやすくなり、

普段以上に可動域が広がります。


またストレッチは睡眠にも良い影響を与えてくれます。

副交神経の活動が高まり、入眠がスムーズになると言われています。



「ストレッチをする時間があまり取れない」

「ストレッチの効率をもっとあげたい」

と考えている人はぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。