基礎となる体幹トレーニングメニュー

こんにちわマチョんたです。

筋トレのパフォーマンスをしっかり上げるためには、体幹がしっかりしていることが必要である。

スポーツでも同じことが言える。

スポンサーリンク

体幹トレーニングで鍛えることはスポーツパフォーマンスを向上させる効果がある。

そして健康や理想の体も作り出すことができる。


<体幹トレーニングの効果>

・速く走れるようになる

・高く飛べるようになる

・転びにくくなる

・速い球を投げたり、遠くにボールを蹴ることができる

・スポーツの対人に強くなる

・お腹が凹む

・疲れにくいカラダになる

・姿勢が良くなる

・腰痛の予防になる


しかし効果がすぐ表れるというものではないことは注意しておこう。

最低でも2ヶ月は続けないと効果は表れにくいだろう。

1日10分〜20分でもしっかり毎日やれば効果が表れるので続けてほしい。

<簡単にできる体幹メニュー>

・ニータッチクランチ

腹直筋上部を鍛えることができる。

起き上がる時だけでなく、ゆっくりとカラダを床に戻すことで、

確実に腹直筋上部を刺激することができる。


・カーフタッチ・クランチ

ニータッチの負荷を高めて、

ふくらはぎまで両手を持っていくトレーニング。

ニータッチクランチより効率的に鍛えることができる。


・ロールダウン

状態を起こしていく動きよりも、上体を戻していく動きの方が筋肉には高い負荷がかかる。

このトレーニングは上体を戻す動作を繰り返し行うことで、腹直筋下部に負荷をかけられる。


・クランチ

体幹の基本となるトレーニング。シンプルであるが腹直筋下部を鍛えるには効果大のトレーニングである。

ゆっくりと行うことでさらなる負荷を与えることができる。


・フロントブリッジ・ヒップアブダクション


ヒジとつま先でカラダを支えるトレーニング。

腹直筋全体に効果的に負荷をかけられるとともに、

腹部の奥まで鍛えることができる。

スポンサーリンク


・V字腹筋トータッチ


腹直筋上部を鍛えるトレーニング。

つま先をしっかりと触れるくらいの角度まで脚を上げることで、

腹直筋下部も刺激することができるトレーニング。


体幹をしっかりと鍛えたいという方は、

「バランスディスク」を持っていると便利です。

体幹トレーニングのバリエーションも増え、

負荷を上げることが可能なのでバランスディスクを活用すると効率がUPします。

主に体幹の前面を鍛えるトレーニングです。

シンプルで簡単なメニューなので、毎日継続的にトレー二ングしましょう!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。