食事のリズムとバランスの良い栄養摂取で「太る体質」から「痩せ体質」へ

こんばんわマチョんたです。

人には生活リズムがありますよね。

痩せるためにもリズムを崩さないことが

スポンサーリンク

大きなポイントになり、

リズムを乱さない食事をとることで、

理想の体を作り出すことができるからです。

これは、朝、昼、夕方、夜という時間帯に

しっかりとした食事を摂取するということです。

「朝昼夜」の画像検索結果

<この時間帯にどんな食事を取れば良いのか?>


・朝(AM6:00)

この時間にはエネルギーを意識したメニューを心掛ける。

エネルギー源になる

糖質とタンパク質+少々の脂質を摂取。

(朝食メニュー例)

パン、卵、サラダ、ヨーグルト、牛乳


・昼食(PM12:00)

この時間にはビタミンやタンパク質を中心のメニューを心掛ける。

インスリンを出す膵臓も

活性化する時間帯であるため運動にも最適な時間。

ステーキや魚類といった

良質なタンパク質を摂取したい。

また野菜類もたくさん摂取し、

食物繊維や代謝を支えるビタミン・ミネラルも摂取しよう。

(昼食メニュー例)

ご飯、ステーキ、サラダ、スープ


・夕方(PM18:00)

膵臓が活発に動く時間帯のため、

甘いものを摂取するのはこの時間が最適。

夜ご飯を19時頃に摂れる人は

この時間に摂取する必要はない。

この時間は食物繊維が多いものを摂取することを心掛けよう。

(間食メニュー例)

ドライフルーツ、チョコレート、野菜ジュース

スポンサーリンク


・夜(PM21:00)

脂肪が増えやすい時間帯である。

ビタミンとタンパク質中心のメニューでバランスを整えよう。

食事は21時以降は摂らないことがオススメ。

この時間帯には消化の良いものを摂取したい。

夜は内臓が冷えやすいため、

温野菜や煮込み、雑炊が好ましい。

(夜食メニュー例)

魚と豆腐の雑炊、温野菜


「食事リズム」の画像検索結果

このように時間帯食事内容を意識するだけでも

大きな変化がある。

これは太らない食事リズムであり、

栄養をしっかり摂取することで、

痩せやすい体を作り出す。

<夜22時以降、お腹が空いてしまったら?>

仕事や勉強などでどうしても夜ご飯を早めに食べれない場合もあるだろう。

そんな時どうすれば良いのか?

こういった場合は、

「大豆食品と野菜」を補給しよう。

「大豆食品」の画像検索結果

「大豆食品」はタンパク質が豊富で、脂質も少なく消化が良い。

一方の野菜」もビタミンやミネラルが、

多く含まれているため便通を良くするため、

食物繊維も摂取でき、効果的である。

どうしてもこの時間帯に空腹になってしまったら、これらを摂取してこの時間帯を乗りきれば、

脂肪を増やすことなく、理想のカラダを維持できるだろう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。