筋トレダイエットに最適な「筋肉をつけながら痩せる朝食」

<朝食はタンパク質と糖質がメイン>

痩せる体質になるには、朝食が重要なポイントとなりますが、

ただ食べれば良いというものではありません。

朝は代謝の元気がない。

スポンサーリンク

そこで代謝を元気にさせるために、必要なのが「タンパク質」だ。

タンパク質は体温を上げる働きをもっているため、

代謝を良くするのには最適。

<朝に最適なタンパク質を含む食材>


・納豆

ビタミンB2、B6が豊富で代謝を良くするのに効果的。


・卵

代謝に不可欠なビタミンB群を含み、栄養抜群だ。


・豆腐

アミノ酸バランスがよくカロリーも少なく、タンパク質も豊富。

また脂質燃焼も促進する効果がある。


・牛乳

3大栄養素を全て含む天然のバランス栄養食品。


・チーズ

牛乳とほぼ同じ栄養素をもつ。


・ヨーグルト

腸内の環境を整えてくれる働きをする。


<朝に最適な糖質を含む食材>


・バナナ

血糖値の上昇を抑えるのに効果的。

タンパク質の合成には不可欠であるビタミンB2、葉酸が豊富。


・ご飯

白いご飯では血糖値が上がりやすいため、玄米が効果的。


・ライ麦パン

食物繊維を含み、血糖値の上昇が穏やかでタンパク質が豊富。


私が毎朝食べているのが「納豆卵かご飯」

スポンサーリンク

手軽に食べれて忙しい朝には最適なメニュー。

・納豆卵かご飯

カロリーは約400kcalで、タンパク質が豊富。

またビタミンをしっかりと摂ることができるため、

ぜひ朝食メニューにいれてほしい一品。

またもう一品朝食にオススメしたいのが、「卵トースト」

・卵トースト

約300kcalで、マヨネーズなどを入れるとエネルギー補給に良い。

プラスでバナナや乳製品を摂取することをオススメする。

バナナと牛乳は良いコンビで相性がいい。

ミキサーなどに入れて「バナナジュース」にするのも良い。

ここで少し間食の取り方についても気をつけてほしい。

食べるものを選ぶことで間食は味方につけることが可能。

<残業やクラブ活動で夜ご飯が遅くなるとき>

こういった場合はPM18時頃に軽食を入れると良い。

糖質とタンパク質を含む、おにぎりやサンドウィッチがオススメ。

エネルギー補給と代謝アップに役立つ。

<お昼ご飯を食べそびれてしまった場合>

血糖値の急上昇を避けたいため、フルーツがオススメ

フルーツはエネルギーになってくれる。

オレンジ、バナナが理想的である。

<寝る直前にお腹が空いてしまった場合>

眠れないことはデメリットが多い。

なので空腹を抑えるためにタンパク質となる、

豆腐や牛乳の摂取が好ましい。

どうしてもの時は少々なら糖質を。

毎日徹底した時間に食事をとるということは難しいだろう。

しかし、食べるものを選べばメリットに変えられることもある。

最低限の知識を身につけて、

筋肉をつけながら痩せることを目指しましょう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。