シンプルで継続しやすいストレッチメニュー

<ストレッチの頻度はどれくらいがベスト?>

ストレッチはやった分だけ効果が出るので、

できれば毎日やったほうが効率がいいです。

ストレッチ効果は10分〜24時間と言われており、人によって持続時間が異なります。

スポンサーリンク

そのため毎日行うことが重要になり、るとカラダはすぐに元に戻ってしまいます

どうせなら毎日少しでも続けたほうが効率もいいのでオススメします。




ストレッチはどれくらいの時間をかけるべき?

できる人は1時間くらいやれると文句なし。

しかし、忙しい人のほうが多いと思うので、短くても問題ありません。

大切なのは毎日継続して行うことです。

毎日ストレッチを行えば、自分のカラダのメンテナンスもでき、

異変やコリなどにも早期に気づくこともできます。

ストレッチは意外にもどこでもできたりするメニューもあるんです。

そういったものを上手く活用し、習慣づけることをオススメします。

<手軽にできるストレッチメニュー>


・大臀筋のストレッチ

大臀筋が硬くなると、前屈ができなくなるほど悪循環が始まる。

腰痛などの怪我のリスクも高まるためしっかりケアしたい部分である。


・大腿四頭筋のストレッチ

スポンサーリンク

この部分は人間のカラダの中で一番大きい筋肉とされる。

ヒザを伸ばす働きがあり、スポーツ全般で使われる筋肉でもあるので、

かなり意識してストレッチを行う必要がある。


・腓腹筋のストレッチ

ふくらはぎの上部にある腓腹筋は足首を伸ばしたり、

ヒザを曲げたりするときに使われる筋肉。

この部分が硬くなるとつったり肉離れしたりするリスクがあるため、

毎日しっかりケアしていきたい。


・開脚ストレッチ


ハムストリング、内転筋、背中下部、股関節の下半身を全体的に伸ばせるストレッチです。

硬い人はお尻の筋肉を緩めると、開脚しやすくなります。


・内転筋ストレッチ


太ももの内側にある筋肉。

ここがしっかりとケアされると、脚を横に伸ばしたり、高く上げたり、

股関節の動きが軽やかになるのでしっかりケアしよう


<呼吸の意識について>

然な呼吸で行うのが一番効果的である。

よくない例が、伸ばすタイミングで息を止めてしまうこと。

カラダが硬いのに無理して伸ばすときに起こりますが、

息を止めると酸素を取り込めなくなるので、ストレッチ効果が激減してしまう。

無理して伸ばすと逆に怪我をしてしまう可能性もあるので、

自然な呼吸で無理のないストレッチを心がけましょう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。