最短でお腹を引き締めるトレーニング

<お腹を凹ませるには?>

基本的に筋力トレーニングと食事調整を合わせて行うことがポイントになります。

脂肪を減らすにはまず、カロリーの量も減らすことから始めなければなりません。

特に短期間で脂肪を落としたいという方は特に筋トレと食事管理の2つを徹底してほしい。

スポンサーリンク

しかし、食事管理だけで減量していくと筋肉まで落ちてくる。栄養バランスを考えずに食事を摂っていると、筋肉に必要な栄養が足りなくなるからだ。

これは筋トレだけしていても同じことが言える。

筋肉をつけながら腹筋を割るには、筋トレだけでなく、食事管理も重要なポイントになってくということだ。

これらを意識してバランス良く2つを取り入れていくことで、

効率よく脂肪を減らし、お腹を引き締めることができるのである。

<筋トレのダイエット効果>

長い時間をかけて基礎代謝を良くし、美ボディを作り上げる。

また逆に短い時間で行うカラダ作りの場合は、脂肪を分解するため、カロリーを消費するためなどがある。

筋トレは消費カロリーを増やしてくれる

また、筋肉痛の時は、普段よりも消費カロリーがより上昇する。

カラダによって筋肉が回復させようと、いつも以上にカラダに仕事が増え、

消費カロリーが増えるという仕組みだろう。

<お腹を引き締める簡単にできるメニュー>

・バックブリッジ・エルボースタンス

脊柱起立筋は背骨を支え、姿勢に影響する筋肉である。

姿勢を維持するのに欠かせない脊柱起立筋が来られるメニュー。

スポンサーリンク

肩からカカトまでがブレないように行うのがポイントになる。


・ツイスト・クランチ

上体にひねりをいれたトレーニング。

腹直筋と腹斜筋肉を鍛えられるので、お腹の周り全体を凹ませるのに効果的である。

できるだけヒザの角度をキープしたまま行うのがポイントになる。


プローン・バックエクステンション・アイソメトリック

脊柱起立筋全体を鍛えるトレーニング

正しい姿勢をキープする上で欠かせないトレーニングである。

両手両脚を持ち上げた姿勢で60秒キープするのがベスト。


アーム&レッグレイズ・フロントブリッジ・エルボースタンス

腹直筋全体を鍛えることができるトレーニング。

初心者には少しハードルが高いので、慣れてきてからでも良い。

ブレないように直線を保つことがポイントになる。


<高タンパク低脂質>

これは脂肪の取りすぎを改善できる。

野菜はたくさん摂取し、脂質がなるべく少ない肉もオススメできる。

ご飯やパンは、代謝されない糖質が体内で脂肪に変わってしまうの控えたい。

野菜もうまく飽きない様に工夫をしながら毎日レシピを作ると良い。

レシピを考えることも楽しさの1つになる。

主食

玄米:食物繊維が豊富

ライ麦パン:代謝にも良く、食物繊維が豊富

野菜類

トマト:クエン酸が代謝に効果的

ブロッコリー:ビタミンCと葉酸が豊富

キャベツ:葉酸が代謝に効果的

タンパク質

肉:低脂質なものを選ぶこと

ささみ:低カロリーで高タンパク

魚:DHAやEPAが効果的

大豆:高タンパク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。