プロテインを摂取タイミング&自重オススメグッズ

自宅で筋トレをサポートしてくれるグッズ>

・5本指グッズ

怪我などの防止など、自宅トレでもシューズを用意したい。

スポンサーリンク

できれば5本指シューズを利用すると足指まで使えて便利。


・モビリティバンド

チューブを使うメニューではモビリティバンドがあると良い。


・バランスボール

バランスボールはメニューのバリエーションが増えるので必須である。

自重トレーニング種目でも、バランスボールを使うだけで、かなりの負荷がかけられる。


・タオル

スポンサーリンク

フェイスタオルよりも少し大きいタオルを活用したい。

バスタオルだと大きすぎるが、1m弱くらいの長さのタオルを用意しよう。


・バランスディスク

メニューのバリエーションも増え、価格もコスパなので1つは用意しておくと良いでしょう。


様々な種目の筋トレマシンなどは使わないが、

これらは自重トレーニングをサポートしてくれる。

長期筋トレを続けるモチベーションにもなるので用意しよう。

トレーニング前の準備>




トレーニングを行う前はストレッチやジョギングでカラダを温めることをオススメする。

ストレッチで筋肉を柔らかく保つことで、血流を上げて体温を上げ、カラダを温めてくれるので、筋トレをしない日でもストレッチは毎日取り入れてほしい。

冬場は特に冷えやすいので、カラダが硬くなり怪我をしやすいので体温を上げることも意識してほしい。

トレーニング前にジョギングを入れることでもカラダは温まる。

5〜10分くらい取り入れると良いだろう。

筋トレ後にもストレッチやジョギングを取り入れたい。

筋肉痛の予防にもなり、疲れが溜まりにくくなるのでぜひ取り入れよう。

<筋トレのタイミングと水分補給などについて>

筋トレのタイミングと食事の内容は意識していきたい。

筋トレをする時間には夕方が一番効果的だが、夕方は忙しいという人も多いだろう。

そんな人は食後から2時間ほど空いてからトレーニングをしよう。

しかし、夜ご飯が遅くなる人は、軽めにカロリーを摂取してトレーニングすることをオススメする。

トレーニング中にはしっかりと水分補給をしてほしい。



<プロテインを摂取するタイミング>

これはゴールデンタイムと言われるトレーニング後の30分以内だ。

プロテインの飲みすぎには気をつけよう。

腎臓にも負担がかかり、太ってしまうからだ。

一度に消化できるのは20gとされているので、これは覚えておこう。

プロテインをうまく活用すれば強い味方になる。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。