鍛える前に知っておくべきカロリー意識よりもバランス意識の食習慣

<カラダ作りのための食事の管理>

・朝食を食べて代謝を良くしよう

睡眠中の体は代謝がおやすみモードになっている。

代謝を良くするために栄養をエネルギーに変えるため朝食が大事なポイントとなる。

朝食を抜いた分ランチで摂取しようとしても体脂肪になってしまうのでしっかり朝食は摂ろう。

スポンサーリンク


・カロリーを意識するよりもバランスが大事

初心者にも多いがカロリーをひたすら意識しても効率が悪い。

肉、魚、野菜など他にもたくさんあるが、

どれにも偏らずにバランスよく摂取することで、カロリーは満たされるだろう。

カロリー控えめばかりを意識せず、食事全体のバランスから意識していこう。





・血糖値を整えて食事コントロール

血糖値が乱れてしまうのは良くない。

なぜなら肥満の原因になるからだ。

食後の血糖値上昇を抑えるには、食物繊維が豊富な野菜を摂取するのが効果的である。

急いで食べるのも逆効果であり、しっかりとよく噛んで食べることをオススメする。


・夜は脂質と糖質を控える

夜はカロリー消費がされにくい時間なので、食べ過ぎには注意したい。

21時以降は体脂肪に変わりやすい時間帯になるので、消費されなかった栄養は体脂肪に変えられてしまう。

脂質と糖質は体脂肪に変わりやすいので、できれば摂取しない方がいいだろう。




<コンビニや外食もしっかりと意識しよう>

・主食

できるだけタンパク質を多く含んだものを選ぼう。

ミックスサンド、納豆巻き、肉まん、そば、パスタなど

・主菜

揚げ物を選ばず、焼き物や炒め物を選ぼう。

卵、豆腐、ちくわ、おでんなど

・副菜

野菜のおかずは、濃い色を選ぶようにしよう。

海藻、枝豆、野菜スティックなど

<間食にオススメメニュー>

小腹が空いてしまうときがあるだろう。

スポンサーリンク

そんな時にオススメなのが、余計なカロリーを摂らないためにナッツやグミ、アーモンドフィッシュなどで乗り切ろう。

スナック菓子やスイーツは控えよう。

<トレーニング前後に摂取したいもの>

筋トレ前後は糖質とタンパク質を摂取したい。

ここは速効性エネルギー源のフルーツ、ジュース、バナナ、そしてタンパク質。

タンパク質源には、チーズやチーズかまぼこも効果的だ。

資金に余裕のある人は「BCAA」もここで摂取しておきたい。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。