ジムでダイエット&筋肉マッチョになるマシンを使った筋トレメニュー

<朝に筋トレをすることでダイエット効果向上>

最近では「朝活」とも言われているが、

なぜ朝に筋トレすることを勧めるのか?

筋トレでできることは、カラダに蓄積された脂肪を分解する働きまでしかしないのだ。

スポンサーリンク

脂肪を使う働きは日常の生活を含む有酸素運動で使われる。

分解した脂肪を日常生活の活動やスポーツで燃焼させるためにも、

朝という始まりに筋トレをすることで、効率が良い時間帯といえる。

朝に筋トレをすることで、眠気も覚めて最高の一日を迎えることができる。

基礎代謝が上がった状態で、1日を過ごせるのでダイエット効果にも抜群

筋トレで活性化した安静時代謝の持続時間は

12〜72時間と言われていて、1日持続すると考えて良いでしょう。

これらが朝の筋トレを取り入れたいメリットである。

<ジムで使えるマシントレーニングメニュー>

・バイク

トレーニング, レースバイク, 自転車, フィットネス, 機器, 運動, 強度, 持久力, 運動選手, 形状

無理なく行える有酸素運動になり、

設定を変えることで自分を追い込むこともでき、

自分にあったペースでトレーニング可能なマシンである。

10分程度の有酸素運度を最初に行うことで、筋トレ効果もアップする。


・チェストプレス

鍛えられる部位は主に大胸筋、三角筋、上腕三頭筋である。

胸は大きい筋肉となるので、鍛えれば実感は早く出るだろう。

胸を鍛えることを意識してトレーニングすると効果的である。


・レッグプレス

鍛えられる部位は主に大腿四頭筋、ハムストリングス、大臀筋である。

レッグプレスは脚の大きな筋肉を鍛えられるためオススメできる。

太ももやお尻など下半身を効率よく全体的に鍛えることができるので、

意識しながらトレーニングすると良い。


・ショルダープレス


鍛えられる部位は主に三角筋、上腕三頭筋である。

肩こりや猫背の改善にも効果的で、

肩幅を広くしたいと考えてる人にはオススメしたい。

肩を鍛えることで逆三角形ボディを作ることも可能であり、

バランスの良いボディを作り出せる。


・シーテッドローイング


鍛えられる部位は主に広背筋、菱形筋である。

これも背中を鍛えるトレーニングになる。

背中の大きい人は身長が大きく見えたり、見た目の良さが大きく変わります

私は背中を鍛えることが一番重要なポイントであるといえる。


運動をして汗を流すことは素晴らしいことであり、決して時間の無駄ではない。

忙しい人も多いだろうが、忙しいスケジュールに運動ができる時間を作ることも大切だ。

朝1時間早く起きるだけでも大きく変わってくる。

習慣にしてしまえば筋トレが楽しくなり、長く継続できるだろう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。