お腹を凹ませ、下半身強化でスタイルを良くする筋トレメニュー

<筋トレを継続させる達成感>

筋トレはまず継続させることが、一番重要なポイントとなる。

どうしたら継続できるのか?

それは日々の成長を自分で実感することです。

スポンサーリンク

毎日自分の体型を写真に撮っていくことで、

筋トレの効果を自分の目で確認することができ、モチベーションにもつながる。

写真だけでなく、体脂肪率などの測定も効果的だ。

理想のカラダにたどりつくには期間が必要だが、日々の成果は記録に残すことで見えてくる。

挫折しそうになった時にも、初心に戻ることで意識が変わってくる。

成果が出てるのを実感できれば筋トレがもっと楽しくなる。小さな成功の積み重ねが理想のあなたを作り出す。

<ジムで鍛えたいマシンを使ったメニュー>

・トーソローテーション

鍛えられる部位は主に腹横筋、腹斜筋、腹直筋である。

腹筋をすればお腹が割れる。

そんなイメージを持っている方も多いと思いますが、これはあまり効率的ではありません。

このマシンではお腹前の腹直筋までバランスよく鍛えることができる。

女性には嬉しいくびれを作り出すことにも効果的なメニュー。

・クランチ

鍛えられる部位は腹直筋である。

まっすぐ起こしたりしているだけだと効率が悪い。

ひねりながら起き上がるなどバランスよく全体を鍛えてあげると美しい形のお腹に仕上げられる。

正しいフォームで行うことがポイントになる。

スポンサーリンク

・レッグカール

鍛えられる部位はハムストリングスである。

歩くための筋肉を鍛える。

お尻や太ももを鍛えることで、歩く姿も綺麗に見えるようになるメリットもある。

人間にとって歩くということは一生のものであるため、歳をとった時にも元気で歩けるようしっかり鍛えておこう。

・ヒップアダクション

鍛えられる部位は内転筋群である。

主に太ももの内側を鍛えるが、薄い筋肉のため負荷はあまりかけずに行うことをオススメする。

O脚の改善にも効果的なので、今からしっかり鍛えて美しい脚の形を維持しよう。

・ヒップアブダクション


鍛えられる部位は中臀筋、大腿筋膜張筋である。

主にお尻の横の筋肉であり、骨盤を安定させるにはしっかり鍛えておきたい。

下半身をしっかる鍛えておけば、カラダの芯がしっかり安定することになる。

<カラダを鍛えればスポーツも楽しくなる>

カラダを鍛えることはスポーツのパフォーマンス向上にもつながる。

そのスポーツには筋肉は最低限必要なものであるからだ。

技術を筋トレでカバーすることは難しいかもしれないが、質を上げることは可能だ。

カラダを鍛えておけば、スポーツの上達、習得するのに時間がかからないだろう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。