筋肉の成長を効率良くさせるための良質な睡眠で筋トレ&ストレッチ効果を最大限に生かそう

<筋トレ後の入浴はやめよう>

筋トレ後はどうしても汗をかいたりしてしまうので、お風呂に入りたくなりますよね。

筋トレの後や運動後は筋肉が炎症している場合があり、その際に入浴してしまうと、カラダが温まりさらに炎症を促してしまう可能性がある。

ストレッチをした後も同じである。

スポンサーリンク

なるべく入浴はせずに、水シャワーでアイシングをするように心掛けよう。

<入浴後にストレッチが効果的>

カラダが硬いままストレッチを行っても、十分な効果を得ることができない。

ストレッチ前に入浴することで、カラダが温まり関節などが柔らかくなり、無理なストレッチをすることなく安全なストレッチを行うことができる。

関節などが硬いままストレッチを行うのも悪いことではないが、無理にストレッチをしてしまうとケガをするリスクも出てくるので、入浴後にストレッチを行うことで最大限の効果を引き出せる。

<ストレッチ効果をさらに高める入浴>

ぬるま湯に15分程度の入浴がベストである。

熱いお湯が良いという人もいると思うが、ぬるま湯に浸かることをオススメする。

スポンサーリンク

ぬるま湯とは何℃くらいか?目安は38〜39℃のぬるま湯が一番効果的な温度である。

15分を目安にすればより効果的になる。

しっかり肩まで浸かることを意識しよう。冬場は冷えるため40℃前後でも良いだろう。

<良質な睡眠も筋肉の成長には効果的>

入浴中は体温や心拍数が上がるため、目覚めるような感覚になる。

しかし、入浴後は体温が下がっていくため眠気がやってきて、自然な感覚で眠りに入ることができる。

睡眠の質を上げるには、この体温の下がるタイミングに合わせた眠る時間の90分前に入浴することがベストタイミングといえる。

眠る部屋の湿度や温度なども睡眠の質に関わってくる。

睡眠の質を上げることは筋肉の成長に大きく影響するので、こういったトレーニング以外の部分もしっかり意識していこう。

<ストレッチを毎日行うメリット>

ストレッチを毎日行うとカラダが柔らかくなるメリットの他に、自分のカラダの状態を把握することもできるのだ。

毎日決まったストレッチを行うことで、その日のカラダの硬さなどコンディションをチェックできる。

自分のその日のコンディションを知ることで、ケガのリスクも減らすことが可能になる。

カラダの状態がわかっていればそれに合わせたトレーニングメニューに変えることもでき、効率の良いトレーニングができる。

毎日ストレッチを行うことで、前日のカラダの状態と比較することができる。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。