ジムのマシンで女子ウケするたくましい腕を作り上げる筋トレメニュー

腕の太い人って見ているだけでかっこいいですよね。

腕を太くすることのメリットはタンクトップ、Tシャツが似合うこと。

これは夏のファッションには困らないです。ガリガリの人が着てもカッコよくは見せられないですよね。

スポンサーリンク

そして女性からモテること。

腕が太いと強そうなイメージが自然と持てるからです。

腕が太ければ強いとは言い切れませんが、印象というものはとても大事です。

トレーニングジムに通っているけど腕が太くならない。

またトレーニングジムに通い始めたけど、どんなトレーニングをすればいいのか?

できるだけ短期間で効率よく筋肉をつけたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

トレーニングジムに通っていても、何も考えずにトレーニングしても筋トレ効果がなかなか得られないはずです。

効率よく鍛えるには、ただ鍛えればいいというものではありません。

今日はどの部位を鍛えるのか?明確にする必要があります。

「胸を鍛える日」「背中を鍛える日」「脚を鍛える日」

私はこのように3つに分け、一週間の筋トレスケジュールを作っています。

それぞれの部位の回復期間も調整し、鍛える日を考えるとより効率が良いです。

曜日で決めるのもいいでしょう。自分なりに日々のスケジュールと合わせて上手く調整しましょう。

今回はたくましい腕を作るトレーニングを紹介します。

主に上腕二頭筋や上腕三頭筋をメインに鍛える筋トレメニュー↓

<マシン筋トレメニュー(太い腕を手に入れよう)>

・バーベルカール

鍛えられる部位は主に上腕二頭筋

ひじを伸ばした状態から可動範囲をフルに使うようにするのがポイント。

可動範囲が狭いと筋肉が肥大しずらくなってしまう。

またカラダを反らさないようにすること。しっかりとした姿勢を保てないと上腕二頭筋への負荷が減ってしまうからである。

スポンサーリンク


・トライセプスプレスライイング

鍛えられる部位は主に上腕三頭筋全体。

腕を真上よりやや頭側に傾けるため、上腕三頭筋全体を鍛えられる。

ここで注意したいのが、バーベルの下がりすぎてしまうこと

下半身側に傾いてしまうと上腕三頭筋への負荷がかからなくなってしまう。


・ブリーチャーベンチカール

鍛えられる部位は主に上腕二頭筋

ポイントは二の腕が台から離れないようにすること。

よくあるのがウエイトを上げすぎてしまうこと。

ひじよりも上げてしまうと負荷が減ってしまうので、地面と前腕が垂直になることを意識しながらトレーニングしよう。


・トライセプスプレスダウン

鍛えられる部位は主に裏側にある上腕三頭筋

注意したいのはカラダを反らしてしまうこと。

カラダを反らして行うと反動を利用してしまうため、上腕三頭筋への負荷が減ってしまう。ダンベルトライセプスと組み合わせてトレーニングすると効率が良い。


・マシンショルダープレス

鍛えられる部位は主に三頭筋

腕を真上にあげる意識でトレーニングすると良い。

肩周りの筋肉がない人でも取り入れやすいメニューなのでオススメ。

腰かけが浅いと姿勢が斜めになってしまい負荷が逃げてしまう。

また、カラダの反らしすぎにも注意したい。腰に負担がかかってしまい腰を痛めてしまう可能性があるので気をつけよう。


どのメニューにも言えることだが、筋トレはまずフォームが大切である。

フォーム1つでも筋トレ効果が激減したり、怪我のリスクもある。

正しいフォームをまず習得することで、短期間で筋肉を肥大させることが可能になる。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。